お問い合せ

児童発達支援・放課後等デイサービス かぶと虫Mark

お電話でのお問い合せはこちら

児童発達支援&放課後等デイサービス かぶと虫Markでは

かぶと虫Markでは、様々な経験、体験を通して「活きる」事を学び、活き活きとした生活が送れるよう支援していきます。障がい者だからとか、健常者だからとかではなく同じ人間だから「活きる」喜びを共有します。苦手なことは誰にでもあります。でも人とは違う良い部分も誰にでもあります。お子様一人一人の個性を尊重し、その得意分野を「突出した能力」とし引き上げる事、これが私たちかぶと虫Markの使命です。苦手なことは相手に補ってもらいましょう。そこで必要なのが相手との関わりで大事な「コミュニケーションスキル」です。凸凹の多いお子様ができるだけ相手の事を思いあえるような「コミュニケーショントレーニング」で育てていきます。

「かぶと虫Mark」は児童福祉法に基づく児童発達支援、放課後等デイサービスです。

児童発達支援とは

児童発達支援とは、発達に偏りなど心配のあるお子様や、アスペルガー、自閉症スペクトラム、ADHD、LD(学習障害)、肢体不自由、などの障がいを持ったお子様に対して、日常生活における基本動作や知識、技術を習得し集団生活に適応できるよう支援します。私たち「かぶと虫Markでは」療育プログラムの他に、ボランティアスタッフより、お子様に、体験、体感をしてもらい感覚をそだてるイベントを考えていきます。

児童発達支援:対象年齢 0歳〜5歳

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは、発達に遅れや凸凹が目立つお子様や、アスペルガー、自閉症スペクトラム、ADHD、LD(学習障害)、肢体不自由、などの障害をお持ちのお子様が、放課後や夏休みなどの長期休暇中に、生活能力向上や、充実した日常生活を支援します。

放課後等デイサービス:対象年齢 小学生~高校生

かぶと虫日記

児童発達支援はこちら

放課後等デイサービスはこちら

児童募集

「かぶと虫Mark」では現在、児童を募集しております。